• お電話受付
  • 買取金額を調べる
  • 買取の流れ

着物コラム

着物の高価買取のコツは作家だった!?久保田一竹編

手もとの着物を高く買取りに出したい!
着物を高く買取りに出したい方は多いと思います。 「買って一度着たけどそのまま全く使用していない」とか 「ずっと昔からある着物で、誰のものかすら分からない」とか 「とにかくお金に困っていて、すぐに現金が欲しい。手元にある、買取ってもらえそうなモノの中に着物がある」とか 様々な理由はあると思います。
そこで、今手元にある着物を高い金額で買取りに出すためのポイントと、着物の作家による価格の付き方のちがいなどについてお伝えしようと思います。
まず見てほしいのは「着物の状態」です。きれい・汚いはもちろん、購入後に何回着たのか。あるいは新品なのか。※仕付け糸がついたままなら新品として扱われやすく、高い買取り価格が付きやすいです。
また、当然ですが、シミや破れ、ヨゴレがあれば買取り価格は大きく落ちます。 着物を見るポイント 着物買取り業者の査定項目はそれだけではありません。 細かく書くと「生地の質」「サイズ」「産地」「流行の柄かどうか」「作家」などが挙げられます 「生地の質」は正絹かどうかだけが重要です。それ以外の生地に高額が付くことはほとんど無いようです。
「サイズ」は小さすぎたり、特殊な形だったりすると買取り価格は下がります。基本的には身丈が160cm以上、裄丈が65cm以上あれば、仕立て直しができるので問題はありません。
「産地」は、有名なところだと丹波布、越後上布、京友禅、薩摩絣、結城紬、加賀友禅などがあり、それらは高い値がつきやすくなります。 柄についてはその時々で「売れセン」は変わりますので一概に言えませんが、その時のトレンドの柄を捉えていれば問題はないでしょう。
最後が「作家」です。着物の買取りにおいて最も大きく価格を動かす要素がここです。 例えば、次項で詳しく説明する久保田一竹は分かりやすい高値の付く作家です「久保田一竹である」というだけで、間違いなく高値で買取ってもらえます。 久保田一竹の着物とは 久保田一竹は、世界的に有名な着物作家です。 残念ながら2003年に亡くなっていますが、世の中にはたくさんの作品が残されています。 驚くべきことに、亡くなった後も定期的に展覧会が行われていることです。 国内の久保田一竹展覧会であれば、海外の久保田一竹展覧会もあります。 久保田一竹は、14歳から染色の道に入り、20歳で「辻が花染め」と出会い、その魅力に取りつかれ、そこからの生涯を「一竹辻が花」に賭けたと言われています。 存命中はフランス政府から「フランス文化勲章シュヴァリエ賞」を受賞したり、河口湖に「久保田一竹美術館を開設したりしました。 久保田一竹は、これだけ活躍した作家さんですから、着物業界での評価も非常に高く、証紙付きで買取りに出せば、100万円以上の買取り価格になることも、ざらにあります。 ここでは久保田一竹についてお伝えしましたが、日本には様々な着物作家がいますので、販売の際には調べてみるのが良いでしょう。

 

着物の高価買取のコツは作家だった!?龍村平蔵編

龍村平蔵の着物が高価買取につながる理由 !

着物買取は、世の中に送り出された芸術品を高価な査定額に導くことが可能です。 着物は時代に左右されにくい優れた品でもあり、多くの有名な織物作家も存在しています。着物が高価買取につながる理由の一つは、作家の評価であり、そのうちの1人が龍村平蔵の存在です。 明治時代に生まれて昭和期の中期にかけて活動した作家であり、昭和10年代にベルリンの博覧会におけて名誉のある受賞をしています。
初代の龍村平蔵は大阪の富豪の家に生まれて、呉服行商から西陣の仕入れ見習いを行いながらも、さまざまな織物の世界を研究していきます。明治38年には、念願の自分の製織所を設立して、制作している美術織物のほかにも、古代織物の研究を追求していきます。 龍村平蔵は長年にわたって、独自な研究と織物の世界を貫いていき、芸術面にも優れた完成度の高い織物は着物にも定着しています。
現在も流行の影響を受けずに高い維持しているため、龍村平蔵の着物は高価買取につながります。 龍村平蔵の着物に反映された美術織物の表現 美的に優れた精神が生きる独創性は、龍村平蔵の着物にみられる大胆な緻密さとして表現されています。 それまでの帯になかった糸の性質の活用を行って、立体と色彩を融合させています。文様さは奥行きを表現することに到達しています。龍村平蔵は、常に自分だけしか成し得ない美術織物を目指していました。
古代織物の研究と復元のよる知識は、ほかに作家に及ばないほどの独自な境地を開拓しています。復元による貢献や成功は、現在の四代の龍村平蔵まで受け継がれています。 着物が着衣として役立てる機会がない場合や眠っている場合には、作家を確認することも大切です。龍村平蔵による品であれば絵画のような魅力があり、現代でも高価買取ができます。
着物には、優れた美術織物が表現させているほかにも、一目見て判断ができる感性が存在していて、コレクターにも芸術品として高い魅力と人気を誇っています。 龍村平蔵の着物を高価格買取する際のコツ 龍村平蔵の着物は、無料の査定が可能な店舗を探すことが求められます。
買取は、いくつかのコツをつかむことで少しでも高価買取に導けます。査定には、有料の店舗も少数ながら存在しているため、買取を考えているときには、査定依頼の前に店舗の特徴を確認していくことが大切です。 無料の査定のほかにも店舗のさまざまな特徴が把握できます。
店舗の特徴が自分の求めているサービスの充実なのか、店舗の選択する際に見極める必要があります。 出張費やキャンセル料が求められない店舗は、龍村平蔵の着物を買取する際にも大切な要素です。 高価買取を行うために、いくつかの店舗で査定額を比べるときには、出張費やキャンセル料が発生していると売り手に負担が生まれてしまいます。ですが、費用がかからないことでいくつかの店舗の買取額を比較した上で、一番に高いところに買取を依頼することが可能です。 買取に関するいくつかのコツを知ることで、龍村平蔵の着物を高い価格による手放しが実現できます。

 

専門家が着物の買取で大島紬を勧める3つの理由!

着物で有名な大島紬の最大の魅力 !

着物と言えばどのようなデザインを想像しますか。 綺麗な着物や、しっかりとした作りのデザイン、そして高級感を感じることができる素材感などを想像するはずです。 日本が昔から作り続けている着物の魅力はとても多くあり、使用する人それぞれが魅力を感じている物なのです。
中でも日本を代表する大島紬は、しっかりとした作りや高級感をしっかり感じることができる最高の着物だと言えるでしょう。 大島紬の最大の魅力は、手の込んだ作り方にあります。
大島紬は日本古来の着物の作り方を続けています。手間暇がかかったとしても完成された着物の良さは他の着物を上回る物を持っています。 また大島紬は、シンプルで軽いという特徴もあります。暑い夏でも着こなすことができる大島紬の着物は、若い方にも支持をされているという特徴があります。
大島紬を選ぶ場合のポイントについて 大島紬をいつかは着てみたいと考えている人は多いでしょう。 最近では年配の方だけではなく、若い方でも着物を選ぶ人が増えてきており、ファッションの一つとして定着しています。 大島紬を選ぶ場合のポイントとしては、まずは自分が良いと感じるデザインを選んでみましょう。 一口に大島紬と言っても多くのデザインがあり、そのデザインは点描のようになっています。遠くから見たときの雰囲気と近くから見たときの雰囲気が全く違い、その違いを見極めて購入するのも良いでしょう。
大島紬の着物は染め方についてもこだわりを持っています。テーチ木の染料で20回以上染める方法をとっており、この工程を4回ほど繰り返します。デザインだけではなく、染め方にも注目して購入を決めることも良いでしょう。 高価な物なので時間をかけて検討するようにしましょう。 大島紬は人気があるので買取価格も向上する 大島紬は昔から大きな人気があります。 とくに、男性においても女性においても若い方に人気があるのが特徴で、高価な物にも関わらず気軽に着こなすことができるという部分に人気があります。
こうした人気から大島紬の着物は買取価格も向上しやすい傾向にあります。 もし使用しなくなった大島紬を買取をしてもらうときには、できる限り専門の買取店で査定をしてもらうようにしましょう。 大島紬の良さを知ってもらうには、やはり専門店での買取の方が有利だと言えるでしょう。 もともと高価な物なので、良い買取査定を行ってくれることは間違いありませんが、買取をしてもらうときには事前にクリーニングなどを行っておけば買取査定は向上するはずです。 しかし、クリーニングにおいても専門店で行うようにしましょう。扱いに気を配ることも大島紬を良い状態に保つことにおいては重要なことです。

 

着物の買取はなぜ志村ふくみの着物がお勧めなのか?

和の心を思い出させてくれる志村ふくみの着物の魅力 !

着物には作り手の思いやその技術が存分につまっているからこそ、一着ごとに異なる価値があります。 染色家によって染められた着物には、プリントされたようなものではない独特の温かみが存在するのではないでしょうか。
日本を代表する染色家といえば志村ふくみさんが有名ですが、志村ふくみといえば和の心を思い起こさせてくれるような繊細な色合いが特徴的で、買取してでも着たい女性から圧倒的な人気を誇っています。 桜を連想させる淡い色の作品は特に人気で、四季を感じさせる色合いが持ち味でしょう。
今もなお現役として活躍する志村ふくみさんの染めた着物には、それだけ魅力があり、着物を買取したいというケースで売りたい人にとっていい価格がつきやすいのが特徴的ともいえます。 志村ふくみさんの作品の買取してほしいのであれば、レアリティがある今がもっともいい時期ではないでしょうか。
買取でも依然として人気が高い着物は志村ふくみ 着物の染色家は志村ふくみさんを始めとして全国各地にいますが、志村ふくみさんの工房でつくる作品は着物の愛好家から人気が高いので、ほぼ年間をとおして入手しにくい状態になっています。
工房では長女と作品を作り上げているため、人手が少なく大量生産はできないため、よりレアリティが上昇しています。 また、入手するのにも当たり前ですがそれだけ高値になりやすく、少し手を伸ばして買いたいという人には難しい状況になりやすいのです。 そのため買取された志村ふくみさん作の着物へは、例え買取の価格上昇があっても新作よりは手を伸ばしやすいものとなっているのです。 特にほとんど着ていないようなきれいな状態の着物にはより高評価がつくのも嬉しいところではないでしょうか。 そのためそういった愛好家からの影響もあり、買取の着物の高値がつきやすいのが志村ふくみ作品のセオリーと今ではなっています。
着物を売りたいなら今がおすすめの志村ふくみ作品 着物を売ることをしたい場合、このように志村ふくみ作の着物への熱量は大きくなっています。 というのも人間国宝に認定されて以降、より高評価がつきやすく買取を希望のときでもいい価格で売却できるようによりなっています。 特に最近では和の心を思い出すような志村ふくみさんの作風と現代のトレンドが重なっていることもあり、若い女性からも熱い人気があるのです。 華やかな場から日常でも着ることができる色合いが特に愛されている作風だといえます。 人間国宝として認定されている染色家は志村ふくみさんの他にもいますが、着物の買取でこれまでより特に今価格が上がっています。 買取してもらうには着物では有名作品の場合大きな振れ幅は少ないかもしれませんが、それでも大きなトレンドが形成されている場合、分かりやすく買取の価格としてはっきりでるので、売りたいと本気で考えているならお薦めは今でしょう。

 

由水十久の着物買取がお得!?着物の買取は由水十久で決まり!

コレクターからも熱い視線が集まっている着物 !

着物は着るだけでなくその美しいシルエットや造形美からコレクターにとっても、集めるかいがある品物になっています。 美術品と同じような感覚で着物をコレクションしている人からしてみれば、お金を払ってでも買取したいというわけです。
特に最近では貴重な着物はより高価格で買取されることもあり、買取をしてもらうには絶好のタイミングとなっているわけです。 さて、着物は国内だけでなく海外からの人気も年々上昇しており、これからもその買取したいという勢いは衰えを知るところがないかもしれません。
特にとりわけ人気なのが加賀友禅のなかでも由水十久が制作したものです。 由水十久の作品のその魅力は言わずもがなですが、由水十久というのは加賀友禅の着物を作っているいわゆる着物作家で、みるものを引きつけるその作品は今も昔も、そしてこれからも国内外問わず高い人気を誇っています。 由水十久だからこそ買取の価格が一歩上を行く 買取してもらうのにお得な着物は当然、その買取価格が高いものであると考えられます。
それでは高く買取価格がつくものというと一体それはどういうことなのでしょう。 それは着物として他とは違う価値を確立したものであり、由水十久の作品であればそれだけ買取価格が高く出やすく、お得と考えることができるのではないでしょうか。 着物の買取価格はすべて同率ではなくて、少なくとも作り手が誰かというところでその評価額が変わってきます。 なぜ変わってくるかというと買取価格ではその着物の希少性があればあるほどいいというわけで、つまり由水十久のように大量生産できない着物だからこそ意味があるというわけです。 由水十久は加賀友禅の美しい着物としての王道を歩んでおり、老若男女から人気もあるところも見逃してはいけません。 このように幅広い人気をえる着物は買取価格が安定して高くなる傾向にあるからです。 貴重な由水十久の買取をより良くしてもらうためのポイント 一般的に貴重にものほど買取時にお得になるわけですが、着物の場合もけして例外ではありません。 貴重なものほどやはり価格がつり上がりやすくなり、売却する側からするとお得となるのです。 由水十久は買取したいという声も多くあり、適切に管理できないあるいは着る予定ないというケースなら、買取してもらえばその由水十久を後生に残すことができます。 もちろん買取してもらうのですから、きちんと対価は支払われるわけでこれなら売却する側としてのメリットも多分にあるのではないでしょうか。
着物はそのままにしているとどんどん保存状態が悪くなることも考えられるので、思い立ったら買取してもらうくらいにしないといい時期を逃してしまうなんてこともあるかもしれません。 由水十久は品質も大切なのできれいなほどコレクターからの価値が増していきます。 なので、着物の売却を考えているのなら由水十久が今話題性があるのでメリットです。

 

2 / 1012345...10...Last »

ゆずりはの買取サービスは送るだけ

  • 査定無料 大切な商品を1点ずつ査定いたします。
  • キャンセル料0円 査定後のキャンセル料もありません!
  • 振込手数料無料 振込手数料は当社が負担いたします!
  • 往復送料0円 着払いでお送りください。キャンセル後の返送も無料です。
  • 宅配キットご用意 ダンボールや伝票等の必要なものは無料でお届けします!
  • 業界TOPクラスの買取価格!買取専門店だからこそ、専門バイヤーが正確査定します!

高く売るコツはこちら

有名作家もの、伝統工芸で、証紙(ラベル)のあるお品物

特に重要なのが「証紙の有無」です。これにより着物買取の査定額が大きく変わります。
証紙とは、着物の品質と産地を証明するものです。このような証紙がある場合、買取が高額になります。また産地ごとの染めの基準を満たした物には、「染め証紙」が貼られます。

■証紙(登録商標)

鹿児島産 本場大島紬 経緯絣 手織りだとわかります。
鹿児島産に関しては、「旗印」シールは添付されていますが、
その横に手織りのものには「伝統工芸証紙」が、機械織りのものには「金色(黄色っぽい)シールが貼付されています。

高く売るコツ

正絹で新品、未使用のもの

シミや色落ち、汚れがあっても買取できますが、保存状態の良し悪しは重要です。
新品や、仕付けが付いた未着用のものなど、着用回数は少ないほど良いです。
着物を長い間箪笥にしまったままにしますと、綺麗に見えても裏地が褐色になっていたり、金銀彩、箔が変色したりします。今、お持ちのお着物の状態や価値が知りたい方もお気軽にお問合せください。

丈が長いもの、仕立て直しができるサイズ

広い年齢層が着られる色仕立て直しができるサイズ(身丈:160cm以上、裄丈:65cm以上)が高いお値段がつけやすいです。
他にも、幅広い年齢層が着られる色・絵柄などの要素も価格の変動に影響しますので、売る前にチェックしてみてください。なんでも買い取れるわけじゃありませんが、買い取れるお着物・和装小物はどこよりも高く買い取らせていただきます。

ゆずりはなら買い取ることができます

「汚れている」、「保証書がない」などの理由で買取を諦めてしまう方が多くいらっしゃいます。
熟練の専門家が査定をさせていただくので、諦める前に一度ご相談ください!

  • 古い
  • 色あせている
  • 汚れている
  • 状態の悪い帯
  • 状態の悪い小物
  • 状態の悪い草履
  • 大量の着物

一緒にお送りください

着物・帯・反物から和装小物まで幅広く買取をさせていただきます。

着物・帯・反物から和装小物まで幅広く買取をさせていただきます。

着物を売りたいお客様へ 留袖・振袖・訪問着・帯・小紋など幅広く買取いたしております。もう着ることのないお着物はございませんか?特に、結城紬・加賀友禅・大島紬・有名作家着物・伝統工芸品は高額査定いたします。証紙があれば一緒にお見せください。

手続き簡単!買取受付中

  • 電話受付
  • 簡単写メ査定
  • Web受付