• お電話受付
  • 買取金額を調べる
  • 買取の流れ

着物コラム

着物の買取なら大島紬がおすすめ!

高く買取ってくれる大島紬の着物
着物はとても貴重なものになりますので、どのような着物でも基本的にはとても高く買取ってくれますが、中でも特に高く買取ってくれる着物が大島紬です。
独特なデザインの生地なので、着物が好きな人にとっては一度でいいから着てみたい、手に取ってみたいと思われているものです。大島紬は着物の風情を感じさせつつ、どこか先鋭的なデザインなので着物をより楽しめるのですが、人気の高さのおかげで中古でもというニーズもありますので、買取もそれなりの額となっているのです。
大島紬の着物であっても気を付けなければならないこと さすがに大島紬の着物ではあっても買取価格が低くなってしまうケースもあります。まずは状態です。良い状態の大島紬であれば高額な買取になるのですが、箪笥の中にしまっておいたら虫に食われてしまったりとか、湿気のおかげで生地にダメージが出てしまっている物。あるいは単純に汚れやほつれがあったりすると、さすがの大島紬でも買取額は下がってしまいます。
着物はただでさえ保管が難しいと言われていますが、大島紬のような貴重な着物は特に保管には気を付けておくべきなのです。決して安いものではありませんし、何より簡単に直す事は出来ません。状態を悪くするのは簡単ですが、良い状態を保ち続けるのはとても難しいのです。取り返しがつきませんので、保管には他の衣服以上に気を使わなければなりません。
サイズも重要 これは大島紬だけではなく、着物全般に言えるのですが、大きすぎる物や小さすぎる物は買取額が低いです。結局需要がありません。小さすぎたり大きすぎる着物は、しっかりと着こなす事が出来る人が少ないサイズなので、買取った業者としても着物として再販するのではなく、布を裁断するなどして、「生地」として活用せざるを得ないケースもあるのです。せっかくの大島紬ではあっても、他に着る人がいないようなサイズだと裁断するしかありません。そのため、サイズも買取額に大きく影響します。産地や柄なども関わってくる部分ですが、サイズと状態。これらによって着物の買取額の粗方が決まりますので、特に保管には気を使うべきです。梅雨の季節など、湿気の溜まりやすい季節にダメージを追うケースも多いので、特に湿気の多い季節は細心の注意が必要です。また、上に重いものを乗せているとしわになってしまうなど、着物はとてもデリケートです。保管の際には、これでもかと言わんばかりにデリケートに保管するよう心掛けておきましょう。

 

牛首紬の買取価格は着物のサイズで決まる?

着物の買取価格に関わる条件
着物の買取の際、基本的には状態の如何が問われるのですが、状態だけではなく、とある部分に於いても買取価格が左右されます。
それはサイズです。大きければ良いとか小さければ良いとかではなく、普遍的なサイズなのかが問われるのです。着物を買取るという事は、業者としては再び売りに出すためなのですが、あまりにもサイズが小さいものや、逆に大きすぎる物の場合、ニーズがありませんので、最悪買取ったものの結局は生地をリサイクルせざるを得なくなってしまうのです。
せっかくの着物を裁断しなければならなくなってしまうのです。そのため、あまりにも小さいサイズや大きいサイズなど、着物としてのニーズが見込めないサイズの物はどうしても買取が低くなります。 シンプルさで人気の牛首紬 着物も多々あります。牛首紬もその一つです。鮮やかであり、シンプルな牛首紬は人気の着物ではあるのですが、いくら人気の牛首紬ではあっても、先の話に出たように、小さすぎたり大きすぎたりするものは結局はニーズがあまりありませんので、せっかくの牛首紬の着物でも、業者は買取った後生地にせざるを得ないのです。
そのため、買取価格は若干安くなってしまうのです。 牛首紬だけではなく、どの着物であってもこのような事情は当てはまります。もちろんサイズだけではなく、状態にもよります。せっかくの牛首紬で、さらにはサイズも多くの人が着こなすサイズではあっても保管が悪かったおかげで生地が傷んでいたり、虫に食われてしまっているようでは牛首紬であっても買取額はどうしても低くなってしまいます。
着物の判断ポイントは多々ありますが、分かりやすく言えば「再び手にとった人が着たいと思うのか、着れるのか」です。サイズが小さかったり大きかったりでは状態が良くても着れませんし、ジャストサイズではあってもボロボロであればこちらもやはりニーズは低くなってしまうものです。
着物の管理には気を付けて 着物はとても貴重なものですが、一方では管理がとても難しく普通の洋服と同じような感覚で保管していてはダメになってしまいます。定期的に風に通し、湿気を除かなければなりませんし、箪笥の中の環境とて大切です。どれだけ丁重にと思っても箪笥が不衛生で多数の虫がいるようでは意味がありません。特に牛首紬はとても貴重な着物です。虫に食われてしまった場合、ゲームのようにリセットなど出来ませんし、機械の様に元通りに修理する事も出来ませんので、着物は着る時だけではなく、保管にも気を付けなければならないのです。

 

着物の買取価格を高くする方法 結城紬編

着物の買取価格 着物はとても高価なものです。
衣服ではありますが、並の衣服とは比べものにならない程高額です。新品で購入しようと思ったらとても高額ですので、レンタル、あるいは中古というニーズが増えつつあるのも良く分かる話ですので、裏を返せば着物をお持ちの方は、業者に売却する事も出来るのです。
買取価格もそれ相応のものが見込めますので、箪笥に眠らせておくくらいであれば、買取価格が高いうちに売却してしまうのも手です。また、着物は保管がとても難しいです。普通の衣服であれば箪笥に入れておくだけで良いのですが、着物の場合、たまには空干して湿気対策を行わなければなりませんし、箪笥に虫でも居たら食われてしまうかもしれませんので、箪笥環境にまで気を使わなければなりません。箪笥に入れっぱなしにしてしまっていたがために着物がボロボロになってしまった話は枚挙に暇がありません。
つまり、裏を返せばそれらに気を配り、良い状態をキープしている着物であれば買取価格も高くなります。 高い買取価格が期待できる結城紬 結城紬のような貴重な着物であれば買取価格は想像以上のものになるはずです。逆にいくら結城紬ではあっても、状態が悪ければ買取価格は期待出来ません。
着物が売れる理由は、再び着たいと思っている人がいるからこそです。ボロボロの結城紬では、いくら人気の結城紬でも「着たい」というニーズが出てきません。保管に気を配り、さらには桐箱などもすべて用意出来るのであれば買取価格は良いものになりますが、それらが用意出来ないようですと買取価格は残念ながらあまり期待する事は出来ません。
着物はとてもデリケートです。汚れやほつれだけで一気に価値が下がってしまいますので、保管には気を付けるべきです。実は、保管にあまり気を使っていないがために、着物を駄目にしてしまうという人がとても多く、業界でも懸念されているのです。せっかくの結城紬ではあっても、ボロボロで駄目な状態になってしまったらどうする事も出来ません。他の衣服であれば修繕する事も出来るかもしれませんが、着物に関してはさすがに修繕出来るようなものではありません。むしろ修繕した部分だけが悪目立ちしてしまいますので、結城紬ではあっても価値が激減してしまうのです。 売却も考えての使用を心得て 買取価格のためだけではなく、貴重な着物でもある結城紬は、意識してしっかりとした状態を保っておいた方が良いでしょう。売却するにせよ、何らかの理由で再び袖を通す時にも困らないはずです。

 

着物の買取価格を高くする方法 本場大島紬編

日本三大紬の一つ、本場大島紬 1300年の歴史を持ち、世界三大織物にまで数えられています。
現在も着物の中でも高い人気があります。 そんな大島紬、あなたのタンスに眠っていませんか?
もう着なくなってそのままタンスに眠らせておくのは勿体無いです! 世界に誇る人気の大島紬、オドロキの買取価格が付くかもしれませんよ。
そこで今回は、本場大島紬を高く売る方法をご紹介します! 基本的な高く売るポイント ・着物は専門店に売ろう! せっかくの大島紬。これをリサイクルショップなどに持って行ってはいけません。 価値をわかってもらえず、買取価格数百円程度で買われてしまうことも多いです。 着物を売る際は、着物を専門にする着物買い取りのお店に持って行きましょう。
*証紙、保証書を添えよう! 証紙や保証書は、どこでその着物が作られたか、どうやって織ったかを示しています。 いわばその着物の価値や品質、ブランドを証明する大切な紙。 ブランドである大島紬を売る時は証紙はほぼ必須になるでしょう。 こういった証紙があればより買取価格をより高くすることが出来ますよ。
*シワのないように畳んで保管しよう! せっかくの大島紬もシワがついてしまえば買取価格も下がってしまいます。 保管の際はシワやヨレのないようにしましょう。
*日焼けや汚れに気をつけよう! 着物は単に保管するだけでなく、最低年に1回は虫干しすることが必要です。 年に1度は虫干しをしましょう! また、保管の時に付いてしまいがちな防虫剤のにおい。これも買取価格にマイナスになってしまいます。 せっかくの大島紬!保管には注意しましょうね。 売却時期も考慮して
*「次の季節に合う着物」を売ろう! 夏用の大島紬の着物は秋に持ち込んではいけません! 夏用の着物は次の夏まで売れないので高く買い取ってもらえません。 買取価格を上げるなら、夏の着物は需要が高まる春頃に売るのが良いでしょう。
*季節に合う柄を売ろう! 大島紬は種類によって柄などが違ってくる着物です。 そのため、その柄が最も合う季節に売ることがオススメです。 涼し気な色の着物は早春から初夏、暖色系は秋~冬に売ると良いでしょう。 買取価格を上げるには、「柄」を時期に合わせることが大事です。
*季節に合う「仕立て」の着物を売ろう! 着物にはいくつかの種類があります。 「袷」(あわせ)という透けない生地に裏地をつけて仕立てた着物、秋口から春にかけて着る着物です。 「単衣」(ひとえ)は透けない生地に裏地を付けずに仕立てた着物は季節の変わり目である梅雨や晩夏に。 「盛夏」(せいか)は、透ける生地に裏地をつけないで仕立てた涼し気な着物で、真夏に着るものです。 大島紬もこういった種類があり、売る前に種類をよく確認することが大事です。 売るならその着物に合った時期、もしくはその時期の少し前に売ると買取価格も上がりますよ。 いかがでしたか?大島紬は今も人気のある着物。 ちょっとした注意で買取価格を大きく上げることも可能です。 タンスに大島紬が眠っている方は、是非参考になさってくださいね。

 

着物の買取価格を高くする方法 西陣織編

西陣織の着物の買取価格 西陣織の着物を売却するとなると、やはり買取価格は大切です。
西陣織が30万前後で売却されるよりは、40万などの方が嬉しいからです。 西陣織に対する買取価格を高くしたいと望むなら、幾つかポイントがあります。
まず基本スタンスとしては、複数のお店にて西陣織の着物に関する状態を確認してもらう事です。 そもそもお店が提示する買取価格は、必ずしも妥当とは限りません。お店によっては、やや低めな買取価格を提示する事もあるのです。
例えばあるお店にて、西陣織に関する状態を確認してもらったとします。その結果、買取価格が23万円と提示されたとします。 ただ問題は、その買取価格が妥当か否かです。もしかすると、他のお店ならば価格が高くなる可能性もあります。他のお店にて西陣織の着物の状態を確認してもらえば、30万や32万など高めになる可能性もあるのです。 買い取る側の知識次第 なぜこのような違いが生じるかというと、まずお店の知識に関する問題です。それぞれのお店により着物に関する知識の違いもあるので、それが価格に反映されるからです。
それとお店の手数料に関する問題もあります。それぞれのお店にて、手数料に関するルールは異なるのです。それが高めなお店もあれば、もちろん低めな所など色々あります。 理由はともあれ、お店によって価格の違いが生じる事は間違いありません。したがって価格を高くしたいと望むなら、まず複数のお店にて着物の状態を確認してもらう事が大切です。 高額売却の為に重要な要素は、他にもあります。できるだけ早めに状態確認をしてもらうのが望ましいです。
密接につながっている価格と保存状態 というのも着物の価格は、劣化と大きな関連性があります。月日が経ってしまうと、それだけ品物の状態も悪くなる事が多いのです。 そもそも物品の買取価格は、状態との密接な関連性があります。あまり状態が良くない品物ですと、それだけ価格は下がる傾向があります。月日が経過して物品の状態が悪くなると、それだけ価格も下がってしまう訳です。そのため価格の高さを望むなら、早めの売却が望ましいでしょう。 また付属品などもポイントになってきます。西陣織の着物には、たいてい証紙が附属している筈です。それを買取店に提示すれば、価格も高くなる事が多いのです。しかしその紙が無いと、価格が低くなる事も多いのです。そのためお店に品物を見せる前に、まずはその紙を準備しておくのが望ましいです。紙の紛失が疑われる場合でも、一旦は自宅を探してみて、それを探してみる方が良いでしょう。

 

5 / 10« First...34567...10...Last »

ゆずりはの買取サービスは送るだけ

  • 査定無料 大切な商品を1点ずつ査定いたします。
  • キャンセル料0円 査定後のキャンセル料もありません!
  • 振込手数料無料 振込手数料は当社が負担いたします!
  • 往復送料0円 着払いでお送りください。キャンセル後の返送も無料です。
  • 宅配キットご用意 ダンボールや伝票等の必要なものは無料でお届けします!
  • 業界TOPクラスの買取価格!買取専門店だからこそ、専門バイヤーが正確査定します!

高く売るコツはこちら

有名作家もの、伝統工芸で、証紙(ラベル)のあるお品物

特に重要なのが「証紙の有無」です。これにより着物買取の査定額が大きく変わります。
証紙とは、着物の品質と産地を証明するものです。このような証紙がある場合、買取が高額になります。また産地ごとの染めの基準を満たした物には、「染め証紙」が貼られます。

■証紙(登録商標)

鹿児島産 本場大島紬 経緯絣 手織りだとわかります。
鹿児島産に関しては、「旗印」シールは添付されていますが、
その横に手織りのものには「伝統工芸証紙」が、機械織りのものには「金色(黄色っぽい)シールが貼付されています。

高く売るコツ

正絹で新品、未使用のもの

シミや色落ち、汚れがあっても買取できますが、保存状態の良し悪しは重要です。
新品や、仕付けが付いた未着用のものなど、着用回数は少ないほど良いです。
着物を長い間箪笥にしまったままにしますと、綺麗に見えても裏地が褐色になっていたり、金銀彩、箔が変色したりします。今、お持ちのお着物の状態や価値が知りたい方もお気軽にお問合せください。

丈が長いもの、仕立て直しができるサイズ

広い年齢層が着られる色仕立て直しができるサイズ(身丈:160cm以上、裄丈:65cm以上)が高いお値段がつけやすいです。
他にも、幅広い年齢層が着られる色・絵柄などの要素も価格の変動に影響しますので、売る前にチェックしてみてください。なんでも買い取れるわけじゃありませんが、買い取れるお着物・和装小物はどこよりも高く買い取らせていただきます。

ゆずりはなら買い取ることができます

「汚れている」、「保証書がない」などの理由で買取を諦めてしまう方が多くいらっしゃいます。
熟練の専門家が査定をさせていただくので、諦める前に一度ご相談ください!

  • 古い
  • 色あせている
  • 汚れている
  • 状態の悪い帯
  • 状態の悪い小物
  • 状態の悪い草履
  • 大量の着物

一緒にお送りください

着物・帯・反物から和装小物まで幅広く買取をさせていただきます。

着物・帯・反物から和装小物まで幅広く買取をさせていただきます。

着物を売りたいお客様へ 留袖・振袖・訪問着・帯・小紋など幅広く買取いたしております。もう着ることのないお着物はございませんか?特に、結城紬・加賀友禅・大島紬・有名作家着物・伝統工芸品は高額査定いたします。証紙があれば一緒にお見せください。

手続き簡単!買取受付中

  • 電話受付
  • 簡単写メ査定
  • Web受付