• お電話受付
  • 買取金額を調べる
  • 買取の流れ

着物コラム

着物の状態が羽田登喜男の作品の買取価格を決める!?

時代が移ろい変わっても羽田登喜男作品の着物の評価は高い!
友禅など誰もが知っているような着物の名前のなかでも、特に人気の作品というものがあります。 それは羽田登喜男先生が作られた着物の場合、あっという間に品薄状態になってしまうほど人気が高いのです。
和の心をそのまま反映したかのような作品にはコアなファンがついています。 羽田登喜男先生は人間国宝としても有名だからこそ、それだけ彼の作った作品へのプライスやステータスが高いといわれています。 時代が変わっても永久不変な魅力を放つ羽田登喜男作品ですが、高い価格で買取をしてもいいというところも後を絶ちません。
買取というとどうしても価格が安くなるのではと心配される方もいるかもしれませんが、羽田登喜男の着物の作品というだけで買取の価格が押し上げられる傾向にあり、今もなお引く手あまたなのです。 買取してもらうなら羽田登喜男作品であれば高値がつきやすい 買取を規模する場合、羽田登喜男作品の着物を所有しているのならチャンスかもしれません。 というのも現在羽田登喜男作品として世に出ている着物は、年々価値がより出てきているからです。 というのも手描きで友禅の着物を描いている作家は、年々少なくなっており、だからこそ羽田登喜男が作り上げた着物の買取をしたいというケースも多くなってきています。
着物の本場である京都の工房で手描きをしている作家の着物というだけあり、熱心なファンにとって喉から手が出るほどほしいという声も多いのです。 それでは買取をしてほしい場合、着物はどういうふうに評価されるのか知りたいという人も多いでしょう。 まず大切なのは前述のように誰がつくのかといういわゆる作り手に関することが第一ポイントですが、もちろんそれだけではありません。 買取希望であれば、着物の状態についても正しく理解していないといけません。 買取の価格の違いで買取する側はここをチェックしている 着物を買取する側は買取の評価を下す場合、まず大切に見ているのは着物の状態についてです。
着物の状態というのはつまりどういうことかというと、本来の着物の状態を維持できているかということです。 特に羽田登喜男作品にとって、手描きのため世界に一つしかないともとれる作品だからこそ、それを生かすことができる品質問題も大前提としてあります。 羽田登喜男が描いた繊細な描写を残したまま、着物の色合いが守られているかは大切な特にポイントになります。 買取する側がみれば羽田登喜男作品としてこの味わいが残されているかどうかは実に大きな問題なのです。 また、着物が湿気を吸いすぎて汚れになっていないか、あるいは穴が開いていたり生地がよれよれになっていないかも買取するときに見られているポイントとなります。 そのため買取されることを希望するのなら、そういったポイントをしっかり見直して着物をきれいな状態にしておくのも大事なのです。

 

着物の中で久保田一竹の着物買取が人気なわけ

着なくなった着物でも買取してもらえればメリットがある !
若い世代にとって親やそのまた親の世代が着ていた着物が家にたくさんあるという場合は珍しくないかもしれません。 なぜかというと今の若い世代の親の世代は昭和生まれであり、まだまだ着物を着る文化が残っていた時代です。
そのため今とは異なり着物を着る機会も多くて、普段は洋装でも特別なときには着物を着るという機会にも恵まれていたのです。 しかし現在では買取に出そうと考えている人も少なくないでしょう。 なぜかというと着物はけして安いものではないですから買取にだせばそれだけまとまった金額を手にできるメリットがあります。
急な入り用でお金が必要なときに、着物を買取に出すという選択肢は実に合理的かもしれません。 また着物の人気のなかでも久保田一竹は別格といわれています。 久保田一竹の作品はどうして買取時に高くなるのか、久保田一竹の作品はどんなところが人気なのでしょうか気になる人も多いはずです。 久保田一竹の着物の人気は年々増すばかり 着物のなかでも別格として扱われることもある久保田一竹とはどんな着物かというと、久保田一竹は有名な染色家であり、それだけ職人が仕上げた着物という価値があるからです。 特に久保田一竹では初代が染色したものが破格の人気があることは有名ですし、新品ですとそれこそ数百万はくだらないとさえいわれています。 それだけ価格がつけられるのですからいかに有名で人気があるものかはわかるのではないでしょうか。 その数百万という価値がある着物だからこと、当然買取における価格も高くなるのは当たり前かもしれません。
若い世代にも手が届きやすい着物としては中古でも人気が衰えませんから、買取における価格は相変わらず高値をつけることが多いということです。 どの染色家が仕上げた作品により着物本来の価格が左右されることが買取では多いのです。 誰かに着てもらえるという着物を売却する喜びがある 先代から受けついだ着物だと買取にだすのがもったいないとためらう人もいるかもしれませんが、果たしてそうでしょうか。 久保田一竹のような一流の染色家の作品は世の中に着たい人がたくさんいるわけで、着ないままでいるより買取にだすのが着物にとっての幸せだという考えもあるかもしれません。 もちろん買取にだすことでしっかり高値で売却できるメリットがあり、それは売却する側にとっての最良ではないでしょうか。 久保田一竹は絞りのデザインが他の着物より遙かに繊細で魅力的であると評判なためきれいに保存状態があるのでしたら、買取にだすのが最大のメリットになるでしょう。 着物は洋装とは異なる一着ずつの価格も愛着も出やすい傾向にありますが、だからこそ久保田一竹作品を買取してもらうことでむしろ喜びがあるのではないでしょうか。

 

今が旬!?着物を新調するならまずは龍村平蔵の着物を買取に出そう!

着物を新調するなら買取から !
着物を新調したいと思っているのであれば、持っている着物を買取りに出してからが良いでしょう。着物はとても貴重なものです。そのため、中古市場でもとても価値のあるものとして扱われており、有名なものであれば、信じられない程高額で買取ってもらえます。
また、着物は何着も持っていても、身にまとう機会がそこまで多いものではありませんし、保管も大変です。普通の衣服であれば、精々防腐剤を入れておく程度で良いでしょう。ですが着物の場合、通気を考えて空干ししなければなりませんし、虫に食われないよう、箪笥の中の環境にまで配慮しなければなりません。一着だけでも相当気を使う事になりますので、余程着物に愛着を持っている人でなければ、着物を複数持つのは着物をまとう喜びよりも、維持する大変さがあるでしょう。
着物を買取ってもらうメリット 新しい着物が欲しいと思ったら、着物を増やすよりも、持っている着物を買取ってもらった方が金額的なメリットはもちろんですが、維持の負担が変わらない点もメリットです。着物を空干したりは、一日作業になります。そのため、どうしても時間的な負担も強いられるのですが、買取に出せば着物を持っている数は変わりませんので、維持の負担は変わりません。先に話した着物の維持の手間が増えない上で、買取価格と相殺する事によって新しい着物を割引して購入出来ますので、金銭的な負担をあまり考慮せずに、新しい着物を購入出来ます。
買取をしない場合、全額自分自身で負担しなければなりませんので、維持だけではなく、出費の面でもどうしても大きな負担となってしまうものですが、買取に出せば、新しい着物を格安で購入出来るのです。 龍村平蔵の着物は買取価格も高い 着物によって買取価格は変わりますが、龍村平蔵の着物をお持ちであれば是非とも買取に出すべきです。龍村平蔵はとても人気のある着物です。着物ではあるものの、とても個性的です。そのため、中古でも良いから是非龍村平蔵の着物を欲しい…と思っている人はとても多いのです。龍村平蔵の着物を高額で買取ってもらって、新しい着物の購入代金に当てれば、新しい着物を格安で入手出来ます。龍村平蔵の着物の人気は、それまであまり着物に興味がなかったという層にまで波及していますので、幅広い需要となっているのです。結果、一度で良いから着てみたい。新品でとなると厳しいものの、中古なら…といったように、様々なニーズがありますので、龍村平蔵の着物を高値で買取ってくれる業者が多いのです。家で眠らせていても保管が難しいものです。専門業者に高額で買取ってもらった方が、着物そのもののためにも有意義ですよ。

 

高価買取してもらえる着物の特徴はこれだ!志村ふくみの着物の場合

着物買取の需要の高まりで志村ふくみさんの着物が大人気!
着物は、伝統的なフォーマルスタイルとして、普段着は洋服が主流となった現在においてもその人気は高く、購入者は後を絶ちません。 特に、志村ふくみさんなど、有名な作家の着物はファンも多いため、争奪戦になっています。
しかしながら、老舗の呉服屋さんで着物を購入しようとすると、どうしても気になってしまうのがそのお値段です。 値段はピンからキリまでともいえる着物ですが、新品はやはりそれなりに費用がかかります。 着物が高額であるが故に購入を躊躇してしまう人々のなかで、徐々に注目を集めるようになったのが、リサイクルショップです。 衣類に特化したリサイクルショップのなかには中古の着物を揃えているところもあるのです。 そして、中古の着物が人気を集めている現在、着物買取の需要はピークを迎えています。
ご自宅に、もう着なくなってしまった着物や、親族から受け継いだまま眠っている着物、志村ふくみさんのような作家の着物があるという方は、今が一番の売り時であると言えましょう。 志村ふくみさんの着物が着物買取業者から熱望される理由 着物作家のものであれば、かなり高額の買取を期待することができます。
志村ふくみさんは重要無形文化財保持者であり、誰にも真似することのできない、自然な色合いと素朴な美しさ、醸し出される上品な雰囲気の織物に魅せられたファンが数多く存在しています。 志村ふくみさんの着物買取を熱望している業者が多い理由として挙げられるのが、志村ふくみファンの圧倒的な人数なのです。 HPで作品群をご覧になれば分かる通り、着物が持つ温かさ、優しさ、柔らかさを最大限まで生かしたデザインは、見ているだけでも癒されますし、日本人であることを誇りに思えるような素晴らしいものばかりです。 買取業者のなかにも志村ふくみファンは多く、店で販売するために買取を行うというよりは、自分が志村ふくみの着物をいつも眺めていたいからという理由で買取希望を出す人もいると聞きます。 志村ふくみなど作家物の着物の買取額について しかしながら、着物買取をご希望されている方々のなかには、大きな声では言えないけれど、中古の着物買取業者に正しい価格を付けられる技術があるのだろうかという疑問を持っている方も多くいらっしゃると思います。
確かに、伝統工芸の一種ともいえる着物の鑑定には相当高いレベルが要求されます。 また、志村ふくみなど作家物は価値が高いということを既にご存知の方は、適正価格での取引をより強く望んでいることでしょう。
ご安心ください。買取店の多くは、一流の鑑定士を揃えており、作家による着物の買取が高額となるのは常識であります。 そして、着物のリサイクルという概念があまり浸透していなかった一昔前に比べ、現在では着物買取業界でも競争が激しくなってきているため、どこよりも質の良い中古着物を手に入れるために、買取額はどんどん値上がりしているのが現状なのです。 価値がありそうなので家にとっておいたけれども、使い道もないし、譲っても良いかなという着物をお持ちの方は、是非買取依頼をしてみて下さいね。

 

期間限定!?今、高価買取して貰える着物はやはり由水十久の作品だった

加賀友禅の着物買取で人気の由水十久 !
加賀友禅は、現在の金沢県の代表的な伝統的工芸品です。江戸時代の中期に加賀藩で栄えた歴史があり、高い技術の染色技法は着物にも表現されてきました。
この加賀友禅で有名な作家の1人が由水十久(ゆうすいとく)です。人物を描いた題材を好んだ特徴があり、草花の模様が多く存在している加賀友禅の歴史の中でも、独特な個性を放っている作家です。現在も初代の確立した作風は、2代目の由水十久に引き継がれています。 初代の由水十久は、戦争や高度成長の時期にも活動を続けて、姉妹としていた金沢、移り住んだ京都の時代に自分の個性や技術を磨いていきました。 着物に人物に多く描かれているのが、子供である童(わらべ)を描いた着物であり、図案から斬新な個性を秘めている特徴があります。 独自な個性ゆえに安定したファンが存在しており、生前から高い評価を受けていました。死後もその人気は保っており、買取市場でも高いニーズが存在しています。
由水十久が大切にしていた着物の図案へのこだわり 初代の由水十久は、図案へのこだわりが高く、着物に描くために大切な洞察とデッサンを大切にしていました。図案に人気は買取市場のニーズにも大きな影響を与えていることから、大切な役割を担っています。
由水十久は、金沢で活動を開始した初期は羽裏や額裏などの裏地の染めを学び、のちに優雅さと童子を関連付けた物語性に優れた加賀友禅の人気作家へと成長していきます。 その描かれた作品群の格調の高い技術や図案には、文学や伝統芸能の要素が表現させています。着物の題材の中には中国の唐子をモチーフにした着物も存在しています。 中国風の髪型をした童子が描かれた作品もあり、唐王朝時代の中国では多く描かれた題材でした。日本に伝わることで唐子と呼ばれ、縁起物として描かれることになります。男の子を描いた題材や図案は多くの子が生まれる願い、子孫繁栄につなげる縁起がよいものとして、多く描かれてきました。 由水十久がこだわった男の子を描いた童子の図案を多く残しており、現在も買取の安定した人気を維持しています。 高価買取に導く由水十久が描いた童子の魅力 由水十久による着物は、縁起品としても安定した人気があり、高価買取が可能です。 少しでも高い査定額を実現させるためには、着物を専門に査定している店舗の選択が大切になってきます。由水十久の着物は、状態のよい作品であると査定されるほど、持つ人に新しい感動を与えてくれる魅力があります。 童子の姿や表情、さまざまな表情が表現されている童子の数によっても、着物の人気が異なってきます。人気の違いは、買取の価格に変動が生じる場合もあり、数多くの童子が描かれているほど、査定の買取額は高くなる場合も考えられます。 芸術的に価値が高い着物が多数存在しており、着る女性の品格を高めてくれます。着物には、主張を抑えた品格の色彩や柄は幅広い世代に支持があります。正規品の証明が可能な落款や色紙が付いていることで、高価買取に導きます。 由水十久の着物は、偽物も多数が流通しているため、本物であることを意味する落款や色紙は大切な役割を持っています。

 

3 / 1012345...10...Last »

ゆずりはの買取サービスは送るだけ

  • 査定無料 大切な商品を1点ずつ査定いたします。
  • キャンセル料0円 査定後のキャンセル料もありません!
  • 振込手数料無料 振込手数料は当社が負担いたします!
  • 往復送料0円 着払いでお送りください。キャンセル後の返送も無料です。
  • 宅配キットご用意 ダンボールや伝票等の必要なものは無料でお届けします!
  • 業界TOPクラスの買取価格!買取専門店だからこそ、専門バイヤーが正確査定します!

高く売るコツはこちら

有名作家もの、伝統工芸で、証紙(ラベル)のあるお品物

特に重要なのが「証紙の有無」です。これにより着物買取の査定額が大きく変わります。
証紙とは、着物の品質と産地を証明するものです。このような証紙がある場合、買取が高額になります。また産地ごとの染めの基準を満たした物には、「染め証紙」が貼られます。

■証紙(登録商標)

鹿児島産 本場大島紬 経緯絣 手織りだとわかります。
鹿児島産に関しては、「旗印」シールは添付されていますが、
その横に手織りのものには「伝統工芸証紙」が、機械織りのものには「金色(黄色っぽい)シールが貼付されています。

高く売るコツ

正絹で新品、未使用のもの

シミや色落ち、汚れがあっても買取できますが、保存状態の良し悪しは重要です。
新品や、仕付けが付いた未着用のものなど、着用回数は少ないほど良いです。
着物を長い間箪笥にしまったままにしますと、綺麗に見えても裏地が褐色になっていたり、金銀彩、箔が変色したりします。今、お持ちのお着物の状態や価値が知りたい方もお気軽にお問合せください。

丈が長いもの、仕立て直しができるサイズ

広い年齢層が着られる色仕立て直しができるサイズ(身丈:160cm以上、裄丈:65cm以上)が高いお値段がつけやすいです。
他にも、幅広い年齢層が着られる色・絵柄などの要素も価格の変動に影響しますので、売る前にチェックしてみてください。なんでも買い取れるわけじゃありませんが、買い取れるお着物・和装小物はどこよりも高く買い取らせていただきます。

ゆずりはなら買い取ることができます

「汚れている」、「保証書がない」などの理由で買取を諦めてしまう方が多くいらっしゃいます。
熟練の専門家が査定をさせていただくので、諦める前に一度ご相談ください!

  • 古い
  • 色あせている
  • 汚れている
  • 状態の悪い帯
  • 状態の悪い小物
  • 状態の悪い草履
  • 大量の着物

一緒にお送りください

着物・帯・反物から和装小物まで幅広く買取をさせていただきます。

着物・帯・反物から和装小物まで幅広く買取をさせていただきます。

着物を売りたいお客様へ 留袖・振袖・訪問着・帯・小紋など幅広く買取いたしております。もう着ることのないお着物はございませんか?特に、結城紬・加賀友禅・大島紬・有名作家着物・伝統工芸品は高額査定いたします。証紙があれば一緒にお見せください。

手続き簡単!買取受付中

  • 電話受付
  • 簡単写メ査定
  • Web受付